« 外国人から見た日本 | メイン | 銘菓「ひよこ」がイヤらしく見える件について2 »

2006年01月07日

End of sound

杉本博司「時間の終わり」展を見る。
すごい。。時間が溶け、静寂が広がっている。

「国家の品格」で、「蛙飛び込む水の音」と外国人
に言ったら、大量の蛙が飛び込むところを想像
する、というくだりがあった。

たしかに、純粋に「蛙が飛び込む音」と考えると
上記の方がその音だ。しかし、俳句で歌われる
場合、日本人は蛙の音というより、その後の静
寂の方を聞いている。やけに静寂に敏感な国民
性はどこからきているのだろうか。

投稿者 mtaniguchi : 2006年01月07日 21:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.chakuriki.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/774

コメント

コメントしてください




保存しますか?